プチ豊胸に最適!気軽に受けられるヒアルロン酸注入の特徴と注意しておきたい点

プチ豊胸に最適!気軽に受けられるヒアルロン酸注入の特徴と注意しておきたい点

バストアップのためにセルフケアを頑張ってもなかなか効果が得られない、自分のバストに自信が持てないかたの中には、豊胸を検討をするというかたも少なくありません。しかし、大掛かりな手術になってしまうとそれなりの費用がかかりますし、何よりも身体への負担が心配です。
そんな中で、ヒアルロン酸注入による豊胸は手軽さが魅力。ただし、メリットはもちろんのこと、デメリットに関しても事前に把握しておかなければ、思うような結果にならなかったと後悔にも繋がるため、くれぐれも気をつけておかなければなりません。

傷が残りづらく手術時間も数十分と短い

ヒアルロン酸豊胸はワキの下から注射で成分注入が行われることから、切開をして大きな手術痕ができることはありません。注射針の痕が残ってしまいますが、自然に治癒して数日ほどでほぼ目立たなくなります。また、手術にかかる時間も20分から30分ほどで日帰りで受けることが可能。ダウンタイムが短いことからすぐに日常生活に戻ることができます。
注入するヒアルロン酸は、片方80ccから150ccほどの量で1カップのサイズアップです。希望によりそれ以上大きくすることもできますが、比例して手術費用が高額になるため注意が必要になります。谷間を作るために1カップから2カップ程度のボリュームアップを目指したり、左右のバランスを整える目的で受けるケースが多い手術です。

ヒアルロン酸豊胸の効果の持続性は1年から2年程度

ヒアルロン酸は元々体内にも存在している成分ですので、身体に馴染ませやすいというのも豊胸に利用されている理由になります。ただし、注入後は少しずつ吸収されていってしまうことから、長期間状態をキープさせることはできません。せっかく大きくしたバストは徐々に小さくなっていき、1年から2年経つと元の状態に戻ってしまいます。
比較的安価で利用できるのはメリットですが、理想的な状態を維持するためには定期的に注入が必要になることを覚えておきましょう。

バストアップ手術の中でも感触は硬め

ヒアルロン酸は豊胸以外にもさまざまな部位の整形に利用されますが、バストアップに注入されるものは本来のバストと比較してあまり柔らかくありません。脂肪注入や最新のアクアリフトよりも感触がしっかりとしていて、意外に硬くて驚いたという術後の感想も多く聞かれます。
また、ヒアルロン酸がバストの中でしこりになってしまうこともあるため、手触りは常に気にかけておかなければなりません。溶解させる薬剤を使って柔らかくすることもできますが、やはり費用がかかってしまいます。

ヒアルロン酸豊胸は使用される薬剤によって仕上がりにも差が出ますので、満足のいく状態にしたい場合には、安価で質が劣るものよりも多少高くても持続性の高い、柔らかい性質のものを利用するのがおすすめです。
とはいえ、いずれ体内に吸収されてしまうものですので、予算に応じて適切なケアを続けていけるように医師とじっくり相談を重ねた上で手術を受けましょう。